人材育成なら産業カウンセラーならキャリア・アンカー。小売業の販売員教育ならお任せください。

 

インフォメーション

2019/02/18

小売のお悩み相談室

”小売のお悩み相談室”を始めました。

研修で抽出されたお悩みと回答を紹介しています。
どちらにでも見られる現象と思われます。参考にしてください。
皆様からもお悩みがありましたら、「お問い合わせ」のページからどうぞ。



接客しても購買決定につながりません

 

お店を訪れるお客様は多くの情報をお持ちで、販売員が提供する情報はほとんどご存知です。一般的な全ての方に向けた商品説明をしても、お客様はあいづちを打つ程度であまり反応はいただけません。そして、フッとお店を出て行かれるケースが少なくはありません。お客様の気持ちに届き、気持ちを動かす商品説明(プレゼンテーション)をもっと意識的に行う必要があります。

 

商品の説明の際に心当たりはありませんか?

  知らず知らずのうちに行っているNGケース

 ・素材、コーディネイト、トレンドなど全ての方に
    同じ商品説明をしている。

 ・ほとんど、販売員が一方的に話す。お客様のニーズ
    を聞くことが少ない。

 ・商品説明時、お客様の表情よりも商品を見ている。

 ・お客様はほとんど話さない。あいづち程度である。

 

〇 お奨めポイント  
すぐに意識して使ってみよう!

気持ちに届き気持ちを動かす商品説明(プレゼンテーション)とは

  ・一般的な商品説明をしながら、お客様ニーズを聞きだす。

   例:コーディネイトを説明し、お手持ちのものをお聞きする。

 ・お客様が話されたことは、共感し質問でお客様のお考えを
    引き出す。

 ・お客様が話されたことを、復唱しながら商品説明を行い、
    パーソナル感の
伝わるプレゼンテーションとする。